経営基盤強化

ホーム

お知らせ 主催者紹介 経営計画策定 経営基盤整備 支援業務
エッセンス エッセンス 経営・会計税務・IT用語集

情報源

サイトマップ

 経営基盤は経営計画を実行できる体制を意味しますから、経営基盤が弱ければ経営計画の実行において障害になったり、実行スピードを弱めてしまいます。
 そのため、次のような点から経営基盤の強化を図っていく必要があります。
 (1)組織の整備
  会社の戦略、得意先への販売体制などとマッチしていているかがポイントとなります。
  また、組織の上下、横のコミニュケーションが円滑に取られる仕組みとなっているかも問題となります。

 (2)各種規程の整備
  定款から各種規程を整備します。

 (3)マニュアルの整備
  現場が効率的かつ効果的な動きができるようマニュアルを整備します。

 (4)各業務処理システムの整備
  販売、購買、人事、会計等の業務システムが現状の業務を行うに際して十分で過不足ないものかどうか確認する必要があります。

 (5)情報収集及び意思決定の仕組みの整備
  組織と各業務処理システムの整備・運用が的確・適時に行われ、会社の意思決定に必要な基礎資料が収集され、作成されているかが問題となります。

 ※それぞれの詳細については徐々に記述していきます。